独立行政法人国立環境研究所 | English | お問い合わせ | サイトマップ |
 
トップページへ
温室効果ガスインベントリ
WGIA
シンポジウム・セミナー
活動実績
FAQ
リンク
用語集
データ等の転載 掲載について
著作権とリンクについて
プライバシーポリシー
国立環境研究所
地球環境研究センター
活動実績
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
2006年 2005年 2004年 2003年 2002年          
内容
12月 6〜19日 気候変動枠組条約第12回締約国会議(COP12)および京都議定書第2回締約国会合(COP/MOP2)への参加
ナイロビ(ケニア)において開催されたCOP12およびCOP/MOP2に日本政府代表団メンバーとして参加し、交渉の支援を行った。[地球環境研究センターニュースVol.17 No.10(PDF: 1.42MB)]
10月 4〜6日 「リードレビュアー会合」への参加
ボン(ドイツ)において開催され、2005年に実施された審査活動の問題点の解決案の検討および2007年の審査活動に関する議論に参画した。
9月 5〜8日 「第16回地球温暖化アジア太平洋地域セミナー」への参加
ジャカルタ(インドネシア)において開催され、「温室効果ガスインベントリ作成に関するアジア・ネットワークの形成」についての発表を行った。 [地球環境研究センターニュースVol.17 No.8(PDF: 760KB)]
8月 30日 「京都議定書に準拠した日本国の割当量に関する報告書」の提出
京都議定書の下で付属書I国に提出が義務づけられている「日本国の割当量に関する報告書」および温室効果ガスインベントリの提出を行った。この報告書に対する審査後に、京都議定書の基準年値および第一約束期間の割当量が確定する。
CGERレポート(CGER-I067-2006)「Greenhouse Gas Inventory Development in Asia - Experiences from Workshops on Greenhouse Gas Inventories in Asia -」の発行
[CGER-I067-2006(PDF:4.1MB)]
7月 18日

環境省 平成18年度温室効果ガス排出量算定方法検討会(第1回)

7日 環境省 平成18年度温室効果ガス排出量算定方法検討会第2回森林等の吸収源分科会
4日 環境省 平成18年度温室効果ガス排出量算定方法検討会第1回運輸分科会
6月 29日 環境省 平成18年度温室効果ガス排出量算定方法検討会第1回廃棄物分科会
24〜25日 「エコアジア2006(第14回アジア・太平洋環境会議)」への参加
さいたま市で開催されたエコアジア2006のNIESの展示ブースに参加し、アジア各国からの参加者を対象に、GIOの関連活動・NIESの研究成果の広報活動および情報交換を行った。[地球環境研究センターニュースVol.17 No.6(PDF: 972KB)]
22日 環境省 平成18年度温室効果ガス排出量算定方法検討会第1回インベントリワーキンググループ、 エネルギー・工業プロセス分科会合同委員会
5月 31日 森林総研 平成18年度森林吸収源計測・活用体制整備強化事業に関わる第1回検討会
環境省 平成18年度温室効果ガス排出量算定方法検討会第1回森林等の吸収源分科会
25日 温室効果ガスインベントリを気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局に提出
国連気候変動枠組条約の下で付属書I国に毎年提出することが義務づけられている温室効果ガスインベントリ(共通報告様式(CRF)+国家インベントリ報告書(NIR))を提出した。[地球環境研究センターニュースVol.17 No.4(PDF: 1.68MB)]
18〜26日 「国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第24回補助機関会合(SB24)」への参加
ボン(ドイツ)で開催されたSB24に日本政府代表団メンバーとして参加し、交渉の支援を行った。また、環境省、海外環境協力センターとともにサイドイベントを共催し、WGIA関連の活動に関する発表を行った。[地球環境研究センターニュースVol.17 No.5(PDF: 1.04MB)]
3月 30〜31日 CRFレポーターテクニカルワークショップへの参加
国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)事務局よりの依頼を受け、ドイツ(ボン)において開催された共通報告様式(CRF Reporter)に関するテクニカルワークショップに森本共同研究員が参加し、各国のCRFレポーターの使用に関する質問・問題点等について報告・議論した。
23日 環境省 平成17年度温室効果ガス排出量算定方法検討会第3回農業分科会
2月 23〜24日 第3回アジア地域における温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショプ(WGIA)開催
マニラ(フィリピン)にて開催され、アジア地域の12ヶ国から政策関係者や研究者および気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局からの代表者が参加した。各参加国のインベントリ作成に関する現況やセクター毎の課題が共有され、第4回WGIAへの次なるステップを明らかにした。[地球環境研究センターニュースVol.17 No.1(PDF: 802KB)]
2日 平成17年度温室効果ガス排出量算定方法検討会(第3回)

Copyright(C) National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.